留学して仕事して、楽しんで英語を勉強しよう

東京、アイルランド、カナダでの生活を終えて。 誰にも言ってなかった事、ぶっちゃけていきます。

アイルランドの夜事情② 〜アイルランド留学編〜

選手と融和する瞬間を味わえ。

 

 

f:id:yattemiyokun:20180817004612p:plain

 

 

 

3日間お盆休みいただいて、昨日からブログを再開してます!

 

 

 

 

昨日の記事はこちら↓ 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

 

 

今日は何について話そうかな〜。と考えていたんですが、

 

 

 

これはダブリンへ行ったらしないと損!みたいなことの1つを挙げます。

 

 

 

 

 

 

それは、写真見てもうわかったと思うけど、夜遊びその②

 

 

 

スポーツ観戦 です。

 

 

 

 

『あー、ヨーロッパは熱狂的だっていうよね〜。』

 

 

とか、

 

『日本もW杯すごいじゃん!』

 

 

 

っていう声が聞こえてきますが、

 

 

確かにそうです! 日本と比べて感じるのは、この国、

 

 

一年を通して、スポーツがアツいんです!

 

 

 

 

 

 

まず街中にパブが多いことから、スポーツパブが多いのは予想できますよね?

 

 

 

これの規模がまたすごい!

 

 

f:id:yattemiyokun:20180817002445p:plain

 

 

 

普通のパブに常設されている巨大スクリーンで観戦します。

 

 

 

 

人気があるのは主に、サッカー と ラグビー です

 

 

f:id:yattemiyokun:20180817003918p:plain

こんな感じで Flight(飲み比べ)を注文しながら観戦もありです。



 

 

 

僕は全く興味のない種目だったんですが、友達に連れられ、なんとなくスクリーンに目を向けると

 

 

見入ってしまう自分に驚きました。

 

 

 

 

 

スポーツ観戦って、

 

 

その選手に自分がなったかのような錯覚を与え、勝敗の瞬間をまるで自分のことのように一喜一憂できる、素敵な趣味なんだなと。

 

 

 

1つの場所に大人数が集まり、虜になって、選手に自分を投影させ、喜怒哀楽を感じる。

 

 

個ではなく更に大きな集団が観戦するので、全ての人間が同じ気持ちを共有する場所。

 

 

 

 

 

こういう場所を増やすことで、人はもっといろんな意味で豊かになれるんじゃないかな〜。

 

 

 

 

と、思った Teppeiでした。

 

 

 

 

 

今日はこの辺で。

 

 

 

ではまた!!

 

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

*1

アイルランドの気になる夜事情① 〜アイルランド留学編〜

学生の住処  ”Howl at the moon" (ホールアットザ・ムーン)

 

 

f:id:yattemiyokun:20180816232711p:plain

with Dasha ’n Louis. I wanna thank to them for doin' me a kindness. Big hugs.



 

 

 

 

この三日間、お盆休みいただいてました。

 

 

 

静岡に行って、恋人と友達とゆっくりした時間が過ごせて満足です。

 

 

 

 

ブログも同時に止まってしまいましたが、今日からぼちぼち再開します!

 

 

 

こんなブログですが、『面白いよ!』とか『いつも読んでる!』とかメッセージくれたり、言ってくれる人がたくさんいてめっちゃ嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

では、始めていきましょう!

 

 

 

 

 

 

”Howl at the moon"

 

 

 

これはダブリンの学校へ通っていたならば、一度は聞いたことがあるナイトクラブの名前で 

 

 

 

 

毎週水曜日になるとどのビールも 2.5ユーロで 買えるので、学生に引っ張りだこのお店。

 

 

 

 

 

学生がほとんどと言っても過言ではないので、英語はそんなに必須ではない。

 

 

 

 

 

旅行に行った先でちらっと寄るのも、言葉の壁が少ないので、比較的入りやすいクラブ。

 

 

 

 

中は平日にも関わらず芋洗状態で、身動きが取れなくなることもあるほど人気な場所だ。

 

 

 

 

f:id:yattemiyokun:20180816235853p:plain

知らない”男”と仲良くなってしまう僕



 

 

 

さっき調べたら、

 

 

"Howl at the moon” が閉鎖するかもしれない

 

 

 

 

 

という記事を見つけた。

 

 

 

 

これが詳しい記事。↓

 

 

 

 

 

https://www.irishtimes.com/business/commercial-property/howl-at-the-moon-nightclub-to-be-replaced-by-53-room-hotel-1.3043804

 

 

 

 

 

 

 

まだ読んでないけど、話は撤回されて、今は大丈夫な模様。

 

 

 

 

 

 

ダブリンに住んでれば、

 

 

 

『夜何する???』

 

 

 

って聞かれると、必ず Pub か Nightclub

 

 

 

が鉄板。

 

 

 

 

ここは普段パブへ行けば€5−6のギネスが、€2.5で買えるのでかなりお得。

 

 

 

 

 

 

僕は最初の頃、ゲロ吐きながら週一か、2週間に一回は行ってました。。

 

 

 

 

 

 

f:id:yattemiyokun:20180817000104p:plain

元クラスメートとはしゃぎに行く日も。

 

 

 

 

 

 

僕の 友情が始まって、壊れて、

 

 

恋愛が始まって、壊れたのも

 

 

この場所。(これについてはまた書きます)

 

 

 

 

だから、忘れられないし、刺激がたくさんの場所でもあるので、

 

 

 

 

ダブリンへ行かれる際はぜひ。

 

 

 

友人探しでも、恋人探しでも、安いビール飲みにいくのも、いいんじゃないかと!

 

 

 

 

行ったことのある人は絶対、何かしら思い出を残してるはずなので。笑

 

 

 

 

 

 

ではまた! 

 

 

 

 

よかったらシェアしてください〜

 

 

 

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

*1

 

アイルランドの日本食 〜アイルランド留学編〜

ポテト以外に何を食べるか。

 

 

 

 

 

 

旅行や、留学に行って必ず楽しみの1つとなるもの

 

 

 

 

 

 

 

食べ物 だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

時として、心配の種。

 

 

 

 

『食生活』

 

 

 

 

 

生きるためには欠かせないのだが、

 

 

 

 

 

 

 

毎日 ポテト 同じものばかり食べていると流石に味に飽きる。

 

 

 

 

 

 

 

そこで恋しくなるのが、日本料理だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

必ずと言っていいほど、故郷の味を求めて、

 

 

 

 

 

 

 

 

留学中に日本料理屋へ1度は訪れてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

バンクーバーはもうアジアの文化がかなり入っているので、

 

 

 

 

 

日本料理もどこでも味わうことができるが、

 

 

 

 

 

ダブリンは違う。

 

 

 

 

 

 

あるにはあるのだが、”Kokoro Sushi”

 

 

 

 

と言う寿司のテイクアウト屋さんであったり、

 

 

 

 

 

韓国料理と日本料理屋が混ざっていたりする。

 

 

 

 

 

 

これが僕が初めて食べた、テリヤキチキンだ

 

 

f:id:yattemiyokun:20180811121910p:plain

http://kimchihophouse.ie/



kimchihophouse.ie

 

 

これはキムチと言うレストランだったと思う。

 

 

 

 

 

味はグルメではない僕には充分美味しかった。

 

 

 

 

 

 

 

ラーメンとかもまだまだ安い麺を使っていたり、日本食はまだ発展途上にあるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

余談だが、海外ではやたら『テリヤキ』と言う言葉を耳にする。

 

 

 

 

確かに馴染み深い味ではあるが、

 

 

 

 

何でもかんでもテリヤキにするのはどうだろう。

 

 

 

 

 

多分『テリヤキ』=『日本の味』  って思ってる人もいるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに比べて、韓国料理のクオリティは高い。

 

 

f:id:yattemiyokun:20180811170233p:plain

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g186605-d10380228-Reviews-Drunken_Fish-Dublin_County_Dublin.html

 

 

 

www.tripadvisor.jp

 

 

 

 

 

ここには何度もお世話になった。

 

 

 

 

これはドランケンフィッシュと言う名前の韓国料理屋。

 

 

 

 

 

 

 

 

これ以外にも数える程の日本料理屋しか見なかったのが現実だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしあなたが料理人なら、チャレンジするには案外面白い土地なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はこれくらいで!

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

*1

 

*1:ではまた! 

英語を話せない僕がどうやって友達を作ったか 〜アイルランド留学編〜

話しかけないで!とまで友達に言わせた僕がひとりぼっちじゃなかった理由

 

 

 

 

 

昔から友達を作るのに困ったことはない。

 

 

 

 

 

 

 

と、言えばそれまでなのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は今まで友人関係には苦労してきた方だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校時代の不登校『人間不信』に加えて、

 

 

 

 

 

 

 

中高時代にいじめにもあった。

 

 

 

 

 

 

 

だから、というのかなんなのか。

 

 

 

 

 

 

 

人目を気にして生きるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

大人になった僕は今

 

 

 

 

 

 

 

人一倍、相手が今どう思っているか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どう出るか、というのが粗方手に取るようにわかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、加えて人の気持ちを大切にしよう。という考えも持ち合わせるようになった。

 (それでも苦手な人はいるのだが。)

 

 

 

 

 

 

 

だが、言語が違えば話は別だ。

 

 

 

 

 

 

 

口先だけで相手に合わせるだけでは通用しない。

 

 

 

 

 

 

 

言葉の壁を感じた記事はコチラ ↓

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何より、ノリが大切だ、というのもあるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”勢いで行っちゃえ。”

 

 

 

 

でもいいんだとは思う。

 

 

 

 

 

 

 

だけど、留学して学んだことはもう1つあった。

 

 

 

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

”本音と建前を使い分けないことの大切さ”

 

 

 

 

 

 

が本当に大切だってことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

以前にも言った気はするが、

 

 

 

 

 

本当の自分を人前で出せていない時点で、

 

 

 

 

 

 

 

その場を楽しめきれていない。ということになる。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yattemiyokun:20180811001612p:plain

 

 

 

 

 

 

これは留学時代、僕が初めて、大人数で食事をした時の事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時の僕の顔を見て欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yattemiyokun:20180811001752p:plain

 

 

 

 

 

 

これが楽しんでる人の目か?笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時は正直死にたかった。

 

 

 

 

 

 

 

話せない。どう接していいかわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく自分を押し殺して、時間が過ぎるのを待った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思いつくやる事といえば、モグモグとひたすら食べ物を口に運ぶか、

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりもしない誰かが言ったジョークに合わせて 、苦笑いする事くらいだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、ある時気がつく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれだけ話せなくたって、不器用だって、

 

 

 

 

 

 

一生懸命伝えようとする努力と、自分を表現しようと注力していれば

 

 

 

 

 

 

 

 

人は自分を快く受け入れてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだその点について僕は発展途上だが、

 

 

 

 

 

 

 

気づいてからの自分を意識するのが楽しくて仕方がないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと閉鎖的で内気だった僕が変わろうと努力しても限界があるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、意識でここまで変われるってことは嘘偽りのない真実なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ自分の気持ちを変えるだけで、話せなくたって、友達は作れます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気負いすぎず、気軽に行きましょうってことです! 

 

 

 

 

 

 

 

これはただの一例で、具体的なことはまた書きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと短いですが、今日はこの辺で!!

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

*1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:ではまた!

アイルランドで一番美味しい食べ物 〜アイルランド留学編〜

個人的 No.1 フード

 

 

 

 

f:id:yattemiyokun:20180810094233p:plain

 

アイルランドのご飯は以前にも紹介させていただいた。

 

 

 

まだ見てない人はこちらへ ↓

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

そう。何を隠そう、ポテト大国なのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でも、ポテトを極めたポテトと言える。

 

 

 

 

 

 

ポテトの中のポテト。

 

 

 

 

 

 

ある食べ物が存在する。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fish&chips

 

 

 

 

 

 

 

だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

”な〜んだ。フィッシュ&チップスか。知ってるよ”

 

 

 

 

 

 

 

って人。甘い!

 

 

 

 

 

 

ここで少し勉強 ↓

 

 

フィッシュ・アンド・チップス英語fish-and-chips)は、イギリスを代表する料理の一つ。タラなどの白身魚のフライに、棒状のポテトフライを添えたもの[1]。イギリスではファーストフードとして親しまれ、長い歴史がある。

 

 

フィッシュ・アンド・チップスの正確な起源は不明であるが、ヴィクトリア朝期に多数存在したホット・パイ・ショップが発祥だと推測されている[14]。ホット・パイ・ショップではパイ以外に魚のフライとチップスも売られていたが、次第にパイではなく魚のフライとチップスが中心になったと考えられている[14]。魚のフライとチップスを提供する店は「フィッシュ・アンド・チップス」と呼ばれ、そこで出される料理そのものも店と同じ名前で呼ばれた[18]。記録に残る限りでは、1860年にロンドンのジョセフ・マリンが開いたフィッシュ・アンド・チップスが最古のものである[19]

 

 

フィッシュ・アンド・チップスが普及した背景には、産業革命による技術革新が存在していた[20]

産業革命前は新鮮な生魚を遠方に輸送する手段は存在していなかったが、鉄道網の整備と蒸気船の登場により、ロンドンなどの大都市に迅速に鮮魚を輸送することが可能となった[21]。また、生魚の保存に役立つ冷凍技術が発達し、1880年代に導入されたトロール漁業によって多量の魚を獲ることが可能となった[22]

産業革命期の労働者は安価で、すぐに食べられ、さらに腹持ちの良い食事を求めており[23]、イギリスの工業化の進行とともに魚のフライとチップスの組み合わせは、労働者の食事の主体として普及する[24]

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9

wikipediaより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕のオススメは

 

 

 

 

 

 

『Beshoff Bros』

 

http://www.beshoffbros.com/

 

 

 

 

 

 

というお店。

 

 

 

 

 

 

 

チェーンなのだが、 

 

 

 

 

 

 

 

このお店、文字通り、

 

 

 

 

 

 

一味違うのだ。

 

 

 

 

 

"oh my god" 

 

 

 

 

 

ならぬ、

 

 

 

 

 

”oh my cod

 

cod=魚:タラ科のタイセイヨウダラ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 を経営理念とする。いかにもふざけたお店なのだが、

 (多分ただのキャッチコピー)

 

 

 

 

 

 

 

これがまた美味しい。

 

 

 

内装はこんな感じ。↓

 

 

 

f:id:yattemiyokun:20180810091000p:plain

google map より



 

 

 

 

 

低価格で、量も多いので、学生さんにはオススメ。

 

 

 

 

f:id:yattemiyokun:20180810093814p:plain

Howth の Beshoff Bros



 

 

 

 

 

Howth(都心から20分ほど離れた街)にある

 

 

 

 

 

 beshoff Bros の近くには

 

 

 

 

 

『The Oar house』

 

http://oarhouse.ie/

 

 

 

 

f:id:yattemiyokun:20180810091724p:plain

TheOarhouse 公式ホームページより



 

というお店もあるが、お金に余裕がある人はこっちに行ってみて欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上。今回のオススメスポットです。

 

 

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

*1

 

 

*1:ではまた!

”話しかけないで!” って言われた事ありますか? 〜アイルランド留学編〜

*これは実際にあったお話です。

 

 

f:id:yattemiyokun:20180808162633p:plain

 

 

前の記事。まだ見てない人はこっちも読んでくださいね〜↓

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

今まで、友達をイラつかせて、

 

 

 

 

”話しかけないで!!”

 

 

 

 

 

って言われた事、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありますよね!?

(僕だけじゃないはず)

 

 

 

 

 

 

 

僕は、そう。

 

 

 

 

 

 

大切な大切な

 

 

 

 

 

 

 

 

かけがえのない友人を(文字通り)

 

 

 

 

 

 

 

 

イライラさせてしまったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

留学当初、英語が話せなさすぎて、友達の少なかった僕は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも何時も。何をする時も一緒だった友達がいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう。

 

 

 

 

 

 

 

 

マリアンです。

 

 

f:id:yattemiyokun:20180808162350p:plain

 

 

 

 

彼女を知らない人はこれを読んでね ↓

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

何故イラつかせてしまったか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひどい事を言った?

 

 

 

 

 

いやいや、

 

 

 

 

約束を守らなかった?

 

 

 

 

 

いやいや、

 

 

 

 

 

叩いた?

 

 

 

 

 

いやいや、

 

 

 

 

 

 

 

そう。何を隠そう、

 

 

 

 

 

 

 

 

『僕の英語が下手すぎてイラつかせちゃったんです!』

 

 

 

 

 

 

 

 

まさか。 ですよね。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友達の少ない僕を毎日面倒見て、遊びに誘ってくれて、

 

 

 

 

一緒に朝昼夜ご飯食べて、

 

 

 

 

登下校も一緒。家族のような存在だったマリアンを僕は、

 

 

 

 

 

 

 

 

英語が下手すぎて怒らせました。笑

 

 

f:id:yattemiyokun:20180808162535p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれはある朝の出来事。

 

 

 

 

 

 

 

僕たちはいつも玄関先で待ち合わせる。

 

 

 

毎朝 7:30頃だったか。

 

 

 

 

 

まだ極寒の冬の季節。玄関の窓ガラスは凍りつき霜が降りている。

 

 

 

 

goodmorning

 

 

 

と彼女がドアを開け、玄関先で待っている僕にウインクをする。

 

 

 

 

いつもの日常だ。

 

 

 

 

 

声を掛け合う僕らの口からも白い吐息が漏れる。

 

 

 

 

 

僕たちが一歩、

 

 

 

 

玄関から足を踏み出せば、

 

 

 

 

 

地面が”パキッ”っと音を立て、アイルランドの春が近づいている事を教えてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何も変わらないいつも通りの外の空気とは打って変わって、

 

 

 

 

 

 

 

彼女の様子がおかしい。

 

 

 

 

 

 

あまりに率直に、どうしたんだ?

 

 

 

と聞くのも彼女を煩わせてしまうと思い、

 

 

 

 

 

僕は口を開く。

 

 

 

 

 

”宿題は終わったかい?”

 

 

 

 

 

 

彼女はこう答えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”あのさ、朝、私に話しかけないでくれる? 朝はフランス語の頭になってるから、英語、大変なの。”

 

 

 

 

 

 

 

優しさの中に、怒りのある言葉だった。

 

 

 

 

 

 

彼女は頑張っている僕にも敬意を示して、直接は言わなかったが、

 

 

 

 

 

 

”話しかけてはいけない”

 

 

 

 

 

というルールにはかなり傷ついていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、5ヶ月経って聞いた話だが、

 

 

 

 

 

 

 

遊園地的な場所でまさにこんな顔して彼女は僕に言った。

 

 

f:id:yattemiyokun:20180808162424p:plain

 

 

 

”あの時、話しかけないで!って言ったんだけど、覚えてる?あれ、テッペイの英語が聞き取れなさすぎて、つい言っちゃったの。今はこうやって、なんでも言いたい事話し合えるしさ、もう気にしないでね!”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っおい!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はこれくらいで!

 

 

 

良かったら、facebookでシェアしてください!

ではまた〜

 

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

*1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:ではまた!

18ヶ月経ってから気が付いたこと。 〜アイルランド準備編〜

海外留学は勉強してから行くべきか否か。

 

f:id:yattemiyokun:20180808152914p:plain

 

 

 

 

この議題は正直 自分への戒め でもあり、

 

 

 

 

 

 

今後の教訓になると、信じています。

 

 

 

 

関連記事は↓

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純明快に答えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強はしてからいくべき!  だが、

 

 

 

 

 

ある意味 

 

 

 

 

 

『否』

 

 

 

 

 

 

 

であっても良いということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

どういうことか?

 

 

 

f:id:yattemiyokun:20180808153126p:plain

まだうまく話せない頃の授業

 

 

 

 

 

僕の体験論なので、参考程度に聞いて欲しいんですが、

 

 

 

 

 

 

 

日常会話をスラスラと 話すのが目的なのであれば、

(これも何が”スラスラ”なのか、という定義の個人差にもよる)

 

 

 

 

 

 

 

半年の準備期間 

 

 

 

1年の留学期間 でかなり満足のいくレベルまで

 

 

 

 

 

 

 

行ける人が続出! するのではないか。

 

 

 

 

 

 

なぜなら、

 

 

 

 

 

僕も含め、僕の見てきた人の、

 

 

 

 

 

失敗例

 

 

 

  1. 何も勉強して来ず、単純に成長が遅すぎる(僕)
  2. かなり煮詰めて準備してきた結果、文法に気を取られ、話せない
  3. 勉強はできるが、頭に入っている教科書英語と、自分の英語力にギャップがあり、プライドが許せず話せない。

 

 

 

 

 

 

こういう例が多かった。

 

 

 

 

 

 

 

大半の人が、英語を勉強すると感じ始める

 

 

 

 

 

『成長の周期』 というものがある。

 

 

 

 

 

まず、

 

 

 

第一段階: すごく単純な文法で、思ってることを言えるようになってくる。

 

 

 

第二段階: 接続詞などが頭から勝手に出てくるようになって、文と文を繋げられるようになり、自分が話している!という感覚に落ち入れる、

 

 

 

 

第三段階: 少し複雑な文法や、単語を取り入れ、耳も口も慣れ始めてくる

(ここまでくると、頭で英語を考えなくても話せるようになる)

 

 

 

第四段階: スラングや大体の文をストレスなく話せる

 

 

 

 

 

細かく分ければもっとあるのかもしれないが、ざっと見てこんな感じ。

 

 

 

f:id:yattemiyokun:20180808153314p:plain

こういう書き取りもする



 

 

 

僕が言いたいのは、

 

 

 

 

第一段階までは最低でも勉強していくべきだ

 

 

 

 

ということと、

 

 

 

聞き取れなくても、発音だけはやっておくべきだ。

 

 

 

 

だが、

 

 

 

過剰な勉強は自分への必要ないプレッシャーと、自信喪失、成長の妨げになる 可能性がある。

 

 

 

 

 

ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら、

 

 

 

 

 

 

 

僕は留学開始直後、

 

 

 

第一段階まで行くのに、2ヶ月。

 

 

 

第二段階までに 4ヶ月かかった。

 

 

 

 

発音の大切さに気がつけず、1年以上を過ごしたので、

 

 

 

 

合計で18ヶ月以上。

 

 

 

 

 

 

 

 

留学前から、発音が綺麗で、簡単な文法が話せれば、

 

 

 

 

 

そこからの成長は驚くほどめまぐるしいものだ。

 

 

 

 

 

そして無駄な1段階の期間を海外で過ごさなくて済むからだ。

 

 

 

 

 

 

普通に勉強して、日本語を話さない環境にいれば、

 

 

 

 

 

第1段階から2段階まで、かかっても3ヶ月。

 

 

 

2段階から3段階までは3〜6ヶ月。

 

 

 

3段階から先は、

 

 

 

 

自分の勉強次第で、毎日成長を感じるようになるので、この時点で満足する人もいるそうです。

 

 

 

 

 

 

だから、留学に行く前からできる事をやっておけば、無駄な時間を省略でき、

 

 

 

 

 

さらに2段階から3段階へのステップアップが格段に早くなります。

 

 

 

 

 

 

だから答えは。

 

 

 

 

勉強して行くべき!

 

 

 

だが

 

 

 

『否』

 

 

 

 

である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また詳しいことは別の記事で書きます!

 

 

 

今日はこれくらいで。

 

 

ではまた!

 

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

*1

 

 

*1:ではまた!