留学して仕事して、楽しんで英語を勉強しよう

東京、アイルランド、カナダでの生活を終えて。 誰にも言ってなかった事、ぶっちゃけていきます。

綺麗な花にも◯◯? 〜イタリア🇮🇹編〜

もういいよ。イタリア。疲れたよ

 

f:id:yattemiyokun:20180930212148p:plain

 

前回は、イタリアにて起きた、『長友詐欺』についてお話しました。

まあ、油断してた僕が全部悪いんですけどね。笑

 

まだ読んでない方はこちら ↓

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

タイトルだけ見れば、イタリア好きな人にとっては、ちょっとイラっとするタイトルかもしれないですけど、

これはうーん、、

 

いろんなことが起きすぎてその時には、まいっちゃってたのかも。

 

 

今日話す内容は、ロマンティックな詐欺師のお話

 

 

夕暮れの街角で。

 

僕と彼女は観光で日中を忙しなく歩き回り、かなり疲弊していた。

だが、昼の姿と夜の姿でまるで違う表情を見せるイタリアに魅了されていたのも事実だ。

一通り観光は終え、予約してあったホテルへ戻る道中のことだった。

 

 

f:id:yattemiyokun:20180930212148p:plain

まさにこの広場で起きたのだが

 

僕と彼女はこの夜景に目が釘付けだった。

なかなかアジアでは見られない。

黄味のライトに照らされたレンガ調の建物が反射し、オレンジ一色の街を作り出す。

 

 

今でも覚えている。

空を見上げれば、レンガ造りの建物の屋上を突き抜け、大小様々な星がオレンジの街にアクセントを加える。

 

そんな時だった。

 

赤い薔薇。

 

 

f:id:yattemiyokun:20180930211856p:plain

実際の薔薇

 

 

僕と彼女の目の前に現れたのは二本のバラだった。

ある男が持ってきたのだが、彼はこう言った。

 

『君の彼女はとても素敵だ。君はラッキーな男だな。よければこの薔薇を君の彼女にあげよう。』

 

 

いやいやいや。。。

またか。

 

さっき紹介した『長友詐欺』だろ!

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

とか思いつつ、僕はこう言う。

 

『いや、大丈夫!悪いけどもらえないよ』

 

そう言うと彼は、

 

『そうか。わかった。まあ、せっかく君たちイタリアまで来たんだから、写真撮ってあげるよ。この薔薇も一緒に持って持って!はい。いくよ!ハイ、チーズ!』

 

 

 

僕は気分が良かった。なぜなら、いらない薔薇を買わなくてもいいのに、薔薇を持ち、更に彼女とのツーショットを撮ってもらえるのだから。

 

 

そうして、僕たちは薔薇と一緒に彼に写真を撮ってもらい、記念すべきツーショットを撮ることができた。

 

 

カメラチェックする際、彼はこう付け加えた。

 

 

『おい。写真撮ってやったんだぞ。その薔薇買っていけよ。』

 

 

僕:『!?!?!?』

 

また詐欺だった。

いや、もう、ジャイアンだね。

『はい!その薔薇お前が触ったから、もうお前の物ね!お金払え!』

みたいな。

 

 

払いましたよ。

まあ写真撮ってくれたし、と思って、気持ちの10ユーロを渡した。

2本だけだから、まあ10ユーロとかそんなもんだろう。と思ったが、彼はかなり不満そうに帰っていった。

 

 

それでも僕は上機嫌。

 

なぜなら綺麗な広場で、彼女とのツーショットが撮れたからだ。

 

 

 

 

ドキドキしながら、カメラのフォルダーをチェックする。

 

 

 

 

f:id:yattemiyokun:20181005011952p:plain

 

 

 

??????

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はこれくらいで!

ではまた!!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 *1

 

 

ペテン師の集まり。ローマ 〜イタリア🇮🇹編〜

ずるい詐欺師の集まり。

 

 

f:id:yattemiyokun:20180930231951p:plain

 

 

数日間空きましたが、ここ数日色々ありまして、

それでもブログ読んでくれてる方がいるのがすごく嬉しいです。

 

ところで皆さん、僕は最近イタリアへ行った時の記事をしばらく書いてますが、

 


teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

みなさんイタリアについてどんなイメージ持ってますか??

  1. おしゃれ
  2. 歴史的
  3. 暑い
  4. 。。。。。。

とか色々あると思いますが、僕の今のイタリアへのイメージは

””

危険地帯

 

って言うと、『イタリアってそうなの?』

って不安になったりする人も居そうなので、そうじゃないってことは先に言っておきます。

と言うか前回までの写真見てもらったり、これからあげていく写真を見てもらえばわかります。

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

じゃあなんで危険だって言うかというと、それは、日本との大きな違いがあるからです。

 

いく前にこれとか読んどきゃよかったな〜って思う記事を見つけました。

『長友詐欺』って言うらしいですね。笑

 

matome.naver.jp

 

これ、僕にも起きましたよ。

あれは確か、ローマ。

あるケーキ屋さんの前で彼女がお店から出てくるのを待っている時。

 

来ました。彼が。

 

身長190cmはあろうかと言う巨体に、日焼けした肌。もともとブラウンベースなだけあって、相当濃い。

『Hey, are u Japanese?』

 

留学のおかげで、ある程度抵抗はなくなっていたため、彼の言っていることに対応することはできた。

30秒もすれば彼は僕のことを

『myfriend』

と呼ぶ。

 

気分が悪くはならないのが不思議だ。

彼らは作り笑いにしろ、本当にアプローチが上手なので、乗り気にさせられてしまうのも確か。

そしてイタリア人は上機嫌な方が多いので、初めてその詐欺に引っかかる人は、彼らをイタリア生まれの人だと思い込んでしまったり、本当にただ話しかけてくるだけだと思ってしまうことが多い。

 

実際に僕も引っかかった時は、

『お前超いいやつだな!いつもこれ売ってるんだけど、一個やるよ〜!』

なんて言ってくるから、

『ほんと!?本当にタダでくれんの?』

って本気で受け答えしてしまった。

 

一度ミサンガを手首に巻かれれば、もう最後。

僕の手のひらに、あれやこれやと小さな手作りのようなフィギュアや、どこかのゴミ箱から拾って来た棒のようなものまで積み上がる。

 

馬鹿正直に聞いてしまった。

『本当に全部くれるの??』

って。

自分バカだなー。

 

そしたら、

『いいよ!もちろん!持ってけこのヤロー!』

だって。

 

で、小物でポケット膨らまして、ケーキ屋さん入って、彼女にその話したら

『あんた大丈夫?やばいんじゃん?』

って。笑

 

言われるまで気がつかなかったですよね。

自分が詐欺に引っかかってることなんて、、。

 

案の定、彼は店の外でずっっっと、、僕のことを見つめていました。

 

一部始終。

 

ああ、鳥肌が立ちましたね。

さっきまで笑顔だった彼が、どこぞのスパイみたいな顔つきで、目を細めながら僕のことを窓から覗いてる。

 

ちょっと怖くなった僕は、裏口から逃げる・・

 

が、彼はもう待ち構えていた。

『コイツ!わかってる!!!!』

 

 

彼は僕の腕を捕まえ、逃げられないように確保された。

そして、こう付け加える。

 

 

『hey, my friend, my friend!!!

 お前にさっきミサンガやったよな?それ、5ユーロ。で、フィギュアが10ユーロ。 で、こっちが5ユーロ.....etc 』

 

どんどん積み重なる請求額と、彼の態度の急変に、僕は呆れた。

 

だから

 

『俺はお前のmyfriendじゃないから! 全部返すよ!無料って言ったからお土産に貰おうと思ったけど、こんなのいらないからどっか行ってくれ。』

 

と彼の腕に全ての授かり物を突き返し、その場を去った。

 

 

僕は勝ち誇った気分だった。

 

何故なら、

 

 

彼は未だに気が付いていない。

 

 

僕の腕にまだミサンガがついていたことを。

(僕は彼に全部返すと言って、ミサンガだけ持って帰ってきたのだった。)

 

f:id:yattemiyokun:20180930231708p:plain

 

 

 

じゃあ今日はこれくらいで!

皆さんも旅行中は気をつけましょう!

 

 

 

次回は 〜騙された編パート②〜

f:id:yattemiyokun:20180930211856p:plain

綺麗な花にも棘がありました。

 

 

 

ではまた!

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 *1

意外と知らない『NG行為』 〜イタリア🇮🇹編〜

『イタリア』意外と知らないNG行為

 

 

f:id:yattemiyokun:20180922003225p:plain

 

 

今は無き 僕のCanon 。。。

 

前回はイタリアの建物について話しました〜

 

 

まだ読んでない人はこっち ↓ 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

 

今日は海外でやらない方がいい NG集 を紹介しまーす!

 

 

まずは僕がやらかしたNG行為①

 

 

そう。何を隠そう、カメラ。

 

イタリアなんかでもそうでしたが、一眼レフカメラをがっつり首から下げて海外歩いてる日本人はたくさんいますよね?

(僕もそのうちの1人でした。)

 

これって、現地の人からどう見られてるか知ってますか?

 

『あいつ、お金持ちだな〜』

 

って思われるそうです。

だから、でっかい一眼なんか向けて写真を撮っていると、みんな道を開けてこちらがシャッターを切るのを待つんですが、

 

これが格好のカモなので注意。

 

 

こっちはただ記念写真を撮っているつもりでも、

人が道を開ければ、それなりに悪い人も注目するわけで、、

 

もちろん後を尾けられます。そうすると、そんな『通称お金持ち』はもちろんスリの目に付けられるって言うNG行為です。

 

 

身を守るためにも、僕みたいになりたくなければ(笑)、カメラの露出はできる限り控えましょう。

 

 

 

 

NG行為②

 

 

 

イタリアでは、あまりスパイスなどの追加注文はしません。

これは『シェフへの冒涜行為』になってしまうそうです。

 

シンガポールなんかは有名ですが、駅構内での飲食は禁止されているそうです。

どんだけ厳しいん。笑

電車内は相当厳しいみたいですね。

下のリンクに貼り付けときました。

 

『電車内で飲食したら500ドルの罰金』(日本円で41260円)

 

だそうです。笑

 ↓

Has anybody been fined for eating or drinking in MRT stations or trains in Singapore? - Quora

 

 

NG行為③

 

ジェスチャー

 

 

フランスなんかだと有名なのが、

 

ガッツポーズ=『fuck you』

親指立てる=『役立たず』

 

イギリスだと

裏ピース=『flipping the bird(中指を立てる行為)』

 

 

みたいな感じで色々ありますが、

 

イタリアでは、

 

お腹の前で手のひらをパタパタする(お腹いっぱい。の動作に近い)

 

と、

 

『侮辱行為』だとみなされます。

 

 

 

 

なんかやっちゃいそうで怖いですよね。

 

 

イタリアの人はやたらジェスチャーが多いので話してると自分もジェスチャー大きくなっちゃいがちですけど、気をつけたいですね。

まあ、日本人がそう言うジェスチャーやったところで、『外国人だから仕方ないか』程度で済むんですけどね。笑

 

 

 

今日はこれくらいで!

ではまた!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

*1

 

イタリアの建物はなぜ赤い? 〜イタリア🇮🇹編〜

タリの建物って、なんで赤い

 

 

f:id:yattemiyokun:20180921002534p:plain

 

 

 

前回はバチカン市国について少し触れました〜

 

まだ読んでない方はこちら↓

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

 

なぜ赤いか?

 

ヨーロッパ行ったことあるよーって人も多いと思いますし、

 

あの街並みが綺麗で素敵だな〜って思いますよね??

 

 

じゃあ

 

みなさんなぜヨーロッパって、

 

『みーんな家が赤いか知ってます?』

 

 

これは『なんで日本が木造の家が多いの?』

 

って言う答えとほとんど一緒なんですが、

 

実は、

 

ヨーロッパでは地域にもよりますが、

 

『木よりも石の方がたくさん取れるから。』

 

なんです。

 

 

 

 今こそ時代が進化して、鉄骨などの新しい材料が発明されていますが、それまでイタリアでは大理石などの石が豊富に採れる事から、『レンガ』が一般的だったみたいです。

 

反対に日本は、といえば、木造の家が主流ですが、『それはただ森林が多いから

 

 

でもいいんですが、

 

石造が流行らないのは、地震や、湿気が多いと言う理由から、石は適さなかったからです。

 

 

 

 

『あ〜。確かに。イタリアは木が少ないかも』

 

これは、昔はイタリアにも木はたくさんあったんですが、伐採に伐採を重ねて、家を作るのではなく、火を着けるために使用した事から、少なくなっていったんですね。

 

 

『東南アジア圏はほとんど木造住宅』

 

木が採れると言うのは、降雨量が関係してます。

なので、イタリアよりも確実に降雨量の多い東南アジアでは多くの樹木が採れ、家造りに使われています。

 

 

 

まとめ

 

イタリアはかつては木も採れたが、環境の問題からレンガ造りの家が発展していった。

そして、日本を含める東南アジア圏は、降雨量の関係から木造の家が主流になっていった。

ただ、今は必ずしもそう言うわけではなく、歴史的な建造物を自治体が残そう!と言う活動が盛んなため、石造の建物が多く残されているので、そう見えるだけかもしれませんね。

 

 

 

 

今日はこの辺で!

ではまた!

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

初デートはオディカッソ(どこいった)?② 〜イタリア🇮🇹編〜

ローマって、コロッセオ?

 

 

 

f:id:yattemiyokun:20180911103454p:plain

 

 

 

前回は旅行デートの鉄則をお話ししました。

 

まだ読んでない方はコチラ↓

 

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

 

 

今回からもに僕の旅行の成功、失敗例をたくさん綴っていきます。

旅行デートでのコツと、ローマでの見所スポットを惜しみなくあげていきます!!

 

 

 

さあ旅路についたら何をする???

 

僕の答えはいつも決まっています。

 

『食す!』

 

食べ物は何をする上でも欠かせない必須事項であり、旅の醍醐味です。

(小声:貧乏旅行だからって、食べ物は惜しんじゃいけません。)

 

 

というか、旅行というのは私生活では味わう事のない未体験の塊であり、あなたもきっとワクワクが止まらず、ホテルに帰ったら爆睡なんて事も多いでしょう。

 

これ、実は『かなりのストレス』であり、知らないうちに体へ負担がかかっている事を覚えておかなければなりません。

 

旅行のドキドキワクワク ≒ 

 

これは一見相反するようで、相互作用していることに間違いはありません。(持論)

 

だから、彼女を遠出でどこかに連れて行くときは

 

『必ず!』食を多めに取ること!

 

これ僕のデートの必須事項その①です。

 

最後にもうちょっと詳しく書きます。

 

 

空港で。

 

f:id:yattemiyokun:20180911103347p:plain

なんでもいいので口に入れましょう


イタリアのマークのキャップが可愛かったので買ってしまいました。

 

 

見所① バチカン市国

 

f:id:yattemiyokun:20180911110409p:plain

 

みなさん教科書で習った事があると思いますが、

バチカン市国はイタリア、ローマにある小さな国家で、世界遺産に登録されています。

 

 

f:id:yattemiyokun:20180911104816p:plain

ピンのある小さなサークルがバチカン市国

 

国土はディズニーランドよりも小さいというのは有名な話ですが、そのうちの3分の1は庭園でできているそうです。

 

 

 

見所② サン・ピエトロ大聖堂

 

f:id:yattemiyokun:20180911105757p:plain

 

バチカン市国の中には、『サン・ピエトロ(ペトロ)大聖堂』と呼ばれる4世紀に建てられた大聖堂があり、キリストの弟子、聖ペトロの墓の上に建てたのがこの大聖堂だと言われています。

めっちゃカトリックですね。笑

 

なんとかつてラファエロと、ミケランジェロも手がけたと言われるのがこの大聖堂なのです。

 

 

f:id:yattemiyokun:20180911110243p:plain

 

このクーポラと呼ばれる円形の屋根。

これをかつてミケランジェロが手がけたと言われているのでびっくり。

 

お金を払えばこのクーポラに登ってバチカン市国を一望できるそうなので、絶景を見たい方はぜひ行って見てほしい。

 

 

f:id:yattemiyokun:20180911110843p:plain

 

 

 

 

 

 

見所③ ジェラート - Gelateria Frullati

 

 

f:id:yattemiyokun:20180911111337p:plain

 

 

ここはバチカン市国周辺にあるジェラートの超人気店。

バチカンミュージアムへ向かう途中の道にポツンとあるのですが、小さなお店なのにかなりの人気があります。

 

f:id:yattemiyokun:20180911111552p:plain

ジェラートの種類はかなり豊富

僕たちもオーダーしました。

 

f:id:yattemiyokun:20180911111633p:plain

 

 

うん。僕は甘党ではなく、デザートに目がないタイプじゃないので、

 

『なんだこりゃ?』

 

って初めは思いましたが、味は一流!

 

 

 

旅行デートのコツ

 

デートしてると、結構気を使うから、疲れちゃいますよね?

『彼女も疲れてきちゃって、いつもは仲がいいのに、どこかの席に座って沈黙の時間を過ごす。。。』

 

なんてことにはなりたくないと思います。

 

こうならないためにも、本当はコツがあります。

 

これには

 

『自律神経 と セロトニン

が深く関わっていることを知っておきましょう。

 

 

自律神経というのは(交感神経、副交感神経)の2つのことですが、この2つが相互作用して、人の体を安定させるために働いています。

自律神経の安定は、基本的に血糖、血圧とかに影響が強いので、これは人が生きていくのに欠かせません。

 

セロトニンというのは、いわゆる『幸せホルモン』です。

セロトニンは心を穏やかにし、幸福感をもたらす感情物質です。

 

 

ストレスを感じると交感神経が活発になり、血糖値が上昇しやすくなるので、抑えなければなりません。

ただ、女性は特に、ストレスだと感じた瞬間、『甘いもの』を欲するのです。

それは甘いものをとれば、一時的にセロトニンが分泌され、感情は抑制され、幸せになるから、なのですが、甘いものは 逆効果 です。

脳に糖分を運び、一時的に落ち着いたはいいものの、上がりすぎた血糖値を下げるために、インスリン(血糖値を下げる)が出て、急激に血糖値が下がり、また脳内が糖分不足になり、イライラ、疲労、精神不安定を引き起こします。

 

 

これがいわゆる『甘いものの負のスパイラル』

 

 

じゃあどうすればいいの?

 

 

彼女をそんな状況に陥れたくないのであれば、

デート中、次のポイントに気をつけましょう。

 

 

1: デートの日はお互い早起きをして朝日を浴びる。

2: たくさん歩く。(普段から趣味は運動にするなど)

3: 疲れてきたら、甘いデザートはバナナや、りんごなどのフルーツを摂る。

4: 朝ごはん、昼ごはん、夜ご飯をしっかり摂る。(肉や、赤み魚を摂るといい。)

 

 

これだけで、気持ちは安定してくるので、楽しいデートを送りましょう!

 

 

 

 

今日はローマのほんの一部を紹介しました!

ではまた!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 *1

初デートはオディカッソ(どこいった)? 〜イタリア🇮🇹編〜

デートを成功させるコツ

 

 

f:id:yattemiyokun:20180911100921p:plain

 

 

前回までの記事は、アイルランドでクリスマスの時期を友人とドイツ、イギリスに旅立ったお話を簡潔に綴らせていただきました。

 

まだ読んでない方はこちら↓ (ドイツ編)

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

 

こういった内容は旅記録にしていこうと思っていたのですが、どうやら今の所十分な写真が集まっていないので、今回は旅知識を組み込みつつ書かせていただいてます。

 

 

 

(イギリス編)↓

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

 

 

今回は初デート編(イタリア)

 

 

なんにせよ、初めての2人での旅行という事でかなり気合を入れて準備を進めていました。

彼女ができたのは初めてではないのですが、旅行に連れていったことなどないのですから、ワクワクしつつ、緊張感を秘めていました。

 

 

まず何をした?

 

 

とにかくプランを練りました。

 

 

f:id:yattemiyokun:20180911095229p:plain

 

こんな感じで、大まかな内容を決めたものをスケジュールにして回ります。

ファイルにまとめたものを最終日まで用意しておきました。

 

 

海外旅行するときのコツ(僕流)

 

 

wifiがないとネットは繋がらないので(SIMカードを買ってしまえば繋がります)、必須事項のみ正確にまとめておくのがポイントです。

 

 

 

どこをどう回るかまでは決める必要がなく(決めてしまえば決めてしまうほど、ツアーのようになってしまい、楽しみが減るので)、どこのタイムロスを防いで、楽しみな事に最大限時間を費やせるか。というのが旅行の大きなポイントです。

 

 

SIMカードは買うべき?

 

海外では数日間のみ使えるSIMカードや、プリペイド式のSIMカードも売っているので、自身の携帯がSIMフリーの場合は利用するのが便利です。

 

今時はSIMフリーにした方が100%得です。

 

ドコモ、ソフトバンクau に加入して、通信費に月々5000円前後払っているならば、絶対変えたほうがいいです。

キャリアに持っていけば、法律が変わったので、SIMフリー端末にしてもらえますし、『 i phoneだからSIMフリーにするの高いんじゃ

?』って思ってる人も、巷の修理代理店にいけば、3000円くらいで、なんの変化もなくSIMフリーにしてもらえます。

 

 

f:id:yattemiyokun:20180911100650p:plain

 

 

またまたお世話になったのはライアンエアです。

 

 

 

Rome(ローマ)に到着

 

 

f:id:yattemiyokun:20180911101212p:plain

 

 

乗る飛行機やバス、全て場所から何まで後々困ってストレスになりそうな事は考えて、先に潰しておきます。

 

 

おかげでスムーズに事が進み、彼女も満足してくれました。

 

ホテルについて荷物を置いたらさあ観光!

 

 

では明日からはローマでの記録について書いていきます!

 

ではまた!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

*1

 

 

 

 

『写真記』ヨーロッパ周遊編⑨ 〜イギリス🇬🇧編〜

英語下手あるある。

 

 

f:id:yattemiyokun:20180910150237p:plain

 

 

前回はドイツ、イギリス旅行の最終記、年越しのロンドンについて書きました。

 

まだ読んでない方はコチラ↓

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 

 

 

 

 

実は今回載せている写真、何枚か写真が残っており、

記憶にも歩いた道など割と鮮明に残っているのだが、

どこだったか全く覚えていない。笑

 

 

ここでやらかした小さなストーリーだけ書かせていただいて今日は終わりにしようと思います。

 

 

英語力?

 

当時留学を初めて2、3ヶ月強程度だった僕は、英語が全然話せませんでした。

話せても意思疎通と日常簡易会話レベルだったので、旅行には困りませんでしたが、

 

起きてしまったのです。

 

困ったことが。

 

 

それは、確か、この街。

 

f:id:yattemiyokun:20180910150557p:plain

 

 

ここはドコ?

 

いや、僕が聞きたい。ここはどこだっけ?笑

イギリスのどこかにあるこの街は、かなり郊外にあり、田舎町です。

それは覚えています。

 

 

友人の1人がこの街に行きたいということで、大賛成し着いて行ったはいいものの、情報収集が甘すぎました。

 

確かにこの街、綺麗で、民家や、小さなレストラン等すごくこだわりがあって素敵で、観光して回っていました。

 

f:id:yattemiyokun:20180910151337p:plain

 

 

 

なのですが、、、

 

夕暮れになって、大変なことがわかりました。

 

 

 

問題とは?

 

 

『帰る手段がわからない』

 

 

 

これも記憶が曖昧です。

(もしエナさんかヤギしょーさん読んでたら情報ください。)

 

『その街に宿は取っていなかった+携帯のネットが繋がらない』

 

どうしても街に戻る必要があったのですが、wifiが無いので、如何せん帰り方?バス?タクシー?が分からないのです。

 

 

問題に直面して、どうする?

 

 

1つ覚えていることがあります。

 

僕たちは何かしらの情報を収集して回るために、まだオープンしているレストランを訪ねて回りました。

田舎のお店はかなり早くクローズし、街灯も少なくどんどん取り残されていく僕たち。

 

小さな街なのでタクシーも車も通りかからないため、静けさを増していく街。と同時に意気消沈し始める僕ら一同。

 

 

そこに希望の光が見えます。

 

 

ある車を止めたある男のドライバーが携帯を持って通話しているのです。

 

そこで、携帯を借りて、『タクシー?もしくはバス会社?』に電話しよう。ということで一致しました。

 

 

 

いざ、携帯を借りる

 

 

誰が借りにいくか?ということで、英語も全然できない僕がなぜか抜擢され、これが最後のチャンスだ。とばかりにドキドキしながら彼に近寄ります。

 

 

僕は困った顔をしながら彼に話しかける。

 

 

彼と僕の会話

 

僕:『Hi. I'm sorry.』ーこの時点でもうオカシイ。挙動不審。

(あの〜。ごめんなさい。)

 

彼:『Yes? What's wrong?』ー彼は優しい表情をしていました。

(どうしたの?)

 

僕:『Can I have your phone, please?』

 

彼:『No, I can't.  Bye.』

(無理無理。じゃあね。)

 

 

『ええ〜!?断られた!?!?!?』

 

ってその時はショックでしたが、当たり前!!!

 

 

下手あるある

 

 

英語の使い方、文法もままならなかったので、仕方ないっちゃそうなんですが、

 

 

僕:『Can I have your phone, please?』

は、 

 

(お願い。。お願いだから、お前の携帯よこせや。)

 

 

的な感じになります。

 

 

だから流れでいくとこんな感じ。

 

僕:『Hi. I'm sorry.』

(あの〜。ごめんなさい。)

 

彼:『Yes? What's wrong?』

(どうしたの?)

 

僕:『Can I have your phone, please?』

 (頼む。。。お願いだから、お前の携帯よこせや。)

 

彼:『No, I can't.  Bye.』

(無理無理。じゃあね。)

 

 

 

納得ですよね〜。。。。

 

 

 

 

 

困った際はもう一度頭の中で整理してから挑みましょう!

 

 

 

今日はこの辺で!

ではまた!

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

teppei-kuwabara.hatenablog.com

 *1